糖質制限ダイエットの注意点

生命必須の物質です糖を制限ないし拒否し、肉を中心と始める高タンパク・高脂肪食を摂ると、必ずや体に不調が生じてくる。草食動物の象やキリンに肉を食べさせる感じだからです。
 動物の食性は、歯のかたちで決まっている。人間は32本の歯のうち20本(62.5%)が臼歯(穀物を食する歯)、8本(25%)が門歯(野菜を食べる歯)、4本(12.5%)が犬歯(肉、魚を食べる歯)ですことからして、全体のうち87.5(62.5+25)%が炭水化物(糖)を召し上がる歯です。
 米国のハーバード大学は、糖分制限食を続けると心筋梗塞や糖尿病の発症率が伸びるとの研究結果を報告して掛かる。日本の国立国際医療研究センター病院も、「糖分制限食を5年以上続けると、死亡率が上がる」という、約100006000人の死亡者の調査から結論づけて掛かる。糖分制限食の不調・危険は、以下のとおりとなる。
(1)脳卒中、心筋梗塞などの危険、死亡率が伸びる。
(2)肝機能障害、腎機能障害を誘発する(肝、腎がタンパク質の最終産物の解毒排泄)。
(3)ケトアシドーシス(ケトン酸血症) 糖を制限すると、体内の中性脂肪が肝臓でケトン体という酸性のカロリー体に変化するので意識不明になる危険性がある。
 減量するために一時的なショック療法として糖分制限をすることを否定はしないが、数カ月以上続けると危険が伴うことを肝に銘じられたい。

クレンジング酵素0のダイエット効果は?

糖質制限で痩せる理由

糖分制限でやせる理由

じゃあ、逆に言えば、糖分を摂らなければ太らないんじゃない?

そう!その通りです。だから、「糖分制限ダイエット」です。

糖分を制限➡血糖値が上がりにくい➡インスリンの分泌量が鎮まる➡体脂肪が蓄えられない

でもこれだけじゃ、体脂肪が伸び悩むだけで脂肪は減りません。では、どうして?ほかにも理由があります。

ブドウ糖(糖分)は、とりすぎると体に悪いけど、でもこれがないと生きていけません。

なので糖分制限を通してブドウ糖が足りなくなると、肝臓が体内で、アミノ酸などのタンパク質からブドウ糖を作ってくれるんです!外からブドウ糖を摂らなくても、体内でブドウ糖が作れる仕組みがあるんですね。人間の体って、よくできてますね~。

ちなみに、これを糖新生といいます。

こういう糖新生、脂肪をエネルギー源としてタンパク質からブドウ糖を始めるります。つまり、脂肪をたくさん消費できるので、脂肪が減ります!これが、糖分制限でやせるヒミツです、

さらに、糖新生はブドウ糖を始めるときにかなりのエネルギーを使うので、双方で痩せやすい体になるんですね!

う~ん、なんてステキな仕組みなんでしょう!

お尻に出来たニキビを治す

食べものが最強のコスメ

美しさを望む気持ちは、世界の女性に共通のものでしょう。
そのなかで、日本は世界で特に美容にお金をかける国といわれています。
しかし化粧品の代金のほとんどは、広告費です。
本当に化粧品会社が使っている成分に効果があるのか、レチノール以外に独立したデータはありません。シワはとくに、真皮層のケアが必要ですが、表皮に塗っても真皮層にまではほとんど届かないのです。
高いお金を支払う割合あまり効果のない化粧品よりも、いちばん相応しいコスメティクス、それが食べ物です。
最強のビューティツールはあなたのお箸から毎日口に運んでいるのです。
何を食するかで、あなたがとんな身体になるのかが決まります。基本の栄養素が満たされて初めて、やせ易い身体、美しい肌、やる気に満ちた心を手に入れることができるのす。
せっかく、毎日食事をするのですから、それなら美容に一番良い物をあなた自身が選んであげてください。

恋人に出会いたい

正しい糖質制限ダイエット

体内でエネルギーとなる栄養素は「たんぱく質」「脂質」「糖質」。たんぱく質は、各器官で栄養となったあとに排出されるが、脂質といった糖質は、消化しきれなかったものが体内に蓄積され脂肪となる。
なかでも脂質は肥える要素としてとらえられてあり、糖質1gが4kcalなのに関し、脂質は9kcalです。ならば、糖質ではなく脂質を制限したほうが良い気がするが、じつは、体内では余分な糖質につき脂肪がついて仕舞うというからくりが起こっている。
糖質が体内でブトウ糖として血液内に入ると、血糖値が上昇する。すると、血糖値を下げるためにインスリンが分泌され、筋肉に糖が送り込まれる。しかし、筋肉が糖を受け入れる量には限界がある。筋肉が盛込みなかった糖を、最終的に聞き入れるのが脂肪細胞です。
一見良い働きをしているように見えるが、そうではない。なぜなら、インスリンの分泌は、脂肪細胞の分解を抑制してしまうからです。つまり、糖質を手広く入れるため多量のインスリンが分泌され、脂肪が分解されず蓄積されていくことになるのだ。
間違った糖質制限が引き起こすもの

糖質制限は、本来、糖尿病の食事療法として取り入れられてきたが、近年、ダイエット法として注目を集めている。
しかしじつは、糖尿病患者が糖質制限を行うことについても、医師のあいだでは賛否両論があるほどのものなので、自己流で糖質制限や急性ダイエットをするのは厳禁です。
筋肉が落ちて基礎代謝が下がり、その状態を危機だと判断した脳が、消費エネルギーを抑えて体重維持の指令を醸し出し、やせがたく太りやすい体質をつくってしまう。
極端な糖質制限は、そういった本末転倒な状態を引き起こす可能性がある。
さらに、無理な糖質制限により、肝臓に溜まるべき中性脂肪が不足すると、体中の中性脂肪をかき集めて肝臓に与える機能が働き、「低栄養性脂肪肝」を引き起こしてしまう。
そのまま放っておくと、疲れや身体のだるさに変わる。
つまり、糖質は摂りすぎても摂らなさすぎてもいけない。
一生ゼロにかけて制限するのではなく、余裕程度に意識するように決める。

日焼け止めサプリ 紫外線