正しい糖質制限ダイエット

体内でエネルギーとなる栄養素は「たんぱく質」「脂質」「糖質」。たんぱく質は、各器官で栄養となったあとに排出されるが、脂質といった糖質は、消化しきれなかったものが体内に蓄積され脂肪となる。
なかでも脂質は肥える要素としてとらえられてあり、糖質1gが4kcalなのに関し、脂質は9kcalです。ならば、糖質ではなく脂質を制限したほうが良い気がするが、じつは、体内では余分な糖質につき脂肪がついて仕舞うというからくりが起こっている。
糖質が体内でブトウ糖として血液内に入ると、血糖値が上昇する。すると、血糖値を下げるためにインスリンが分泌され、筋肉に糖が送り込まれる。しかし、筋肉が糖を受け入れる量には限界がある。筋肉が盛込みなかった糖を、最終的に聞き入れるのが脂肪細胞です。
一見良い働きをしているように見えるが、そうではない。なぜなら、インスリンの分泌は、脂肪細胞の分解を抑制してしまうからです。つまり、糖質を手広く入れるため多量のインスリンが分泌され、脂肪が分解されず蓄積されていくことになるのだ。
間違った糖質制限が引き起こすもの

糖質制限は、本来、糖尿病の食事療法として取り入れられてきたが、近年、ダイエット法として注目を集めている。
しかしじつは、糖尿病患者が糖質制限を行うことについても、医師のあいだでは賛否両論があるほどのものなので、自己流で糖質制限や急性ダイエットをするのは厳禁です。
筋肉が落ちて基礎代謝が下がり、その状態を危機だと判断した脳が、消費エネルギーを抑えて体重維持の指令を醸し出し、やせがたく太りやすい体質をつくってしまう。
極端な糖質制限は、そういった本末転倒な状態を引き起こす可能性がある。
さらに、無理な糖質制限により、肝臓に溜まるべき中性脂肪が不足すると、体中の中性脂肪をかき集めて肝臓に与える機能が働き、「低栄養性脂肪肝」を引き起こしてしまう。
そのまま放っておくと、疲れや身体のだるさに変わる。
つまり、糖質は摂りすぎても摂らなさすぎてもいけない。
一生ゼロにかけて制限するのではなく、余裕程度に意識するように決める。

日焼け止めサプリ 紫外線