糖質制限ダイエットの注意点

生命必須の物質です糖を制限ないし拒否し、肉を中心と始める高タンパク・高脂肪食を摂ると、必ずや体に不調が生じてくる。草食動物の象やキリンに肉を食べさせる感じだからです。
 動物の食性は、歯のかたちで決まっている。人間は32本の歯のうち20本(62.5%)が臼歯(穀物を食する歯)、8本(25%)が門歯(野菜を食べる歯)、4本(12.5%)が犬歯(肉、魚を食べる歯)ですことからして、全体のうち87.5(62.5+25)%が炭水化物(糖)を召し上がる歯です。
 米国のハーバード大学は、糖分制限食を続けると心筋梗塞や糖尿病の発症率が伸びるとの研究結果を報告して掛かる。日本の国立国際医療研究センター病院も、「糖分制限食を5年以上続けると、死亡率が上がる」という、約100006000人の死亡者の調査から結論づけて掛かる。糖分制限食の不調・危険は、以下のとおりとなる。
(1)脳卒中、心筋梗塞などの危険、死亡率が伸びる。
(2)肝機能障害、腎機能障害を誘発する(肝、腎がタンパク質の最終産物の解毒排泄)。
(3)ケトアシドーシス(ケトン酸血症) 糖を制限すると、体内の中性脂肪が肝臓でケトン体という酸性のカロリー体に変化するので意識不明になる危険性がある。
 減量するために一時的なショック療法として糖分制限をすることを否定はしないが、数カ月以上続けると危険が伴うことを肝に銘じられたい。

クレンジング酵素0のダイエット効果は?